2017年 vol②

今朝のニュース番組から、

住宅情報サイト「HOME’S」発表の2017年【買って住みたい街】ランキング

によりますと、第1位を《船橋》が獲得したということです。

首都圏で都心から近郊に位置するエリア以外が1位となったのは

ここ3年で初めてです。

また、5位に《柏》、7位に《津田沼》、19位に《八千代緑が丘》

など千葉県勢がランクインしています。

 

◎このような傾向になった明らかな要因は

近年、利便性の良い首都圏中心部~近郊部の地価の上昇、

建築資材価格の高止まり、人件費の高騰による、急激に

新築戸建および新築マンションの価格が上昇したため、

首都圏部が軒並みランキングから後退しました。

そこに替わって、

都心周辺へのダイレクトアクセスが可能で、交通利便性が確保された

近郊~郊外地区が上位にランキングされたということです。

 

まさに、この条件にあてはまる《流山》は、といいますと、

見事、6位に《流山おおたかの森》がランクインしました。

あらためて皆様の注目度の高さが伺える集計結果となりました。

この地で不動産を取り扱っている身として、うれしい事ですし

これからもいい街づくりの一端を担っていきたいと感じました。